ヘスティアの姿

〝自叙伝〟ヘスティアの姿

噴水事件

中退してからよくつるむようになったツレと

名古屋に入りびたってた時があった

 

ナンパされては

そこに泊まってってゆう感じで

 

ヤクザやさんに良くしてもらったコトもあるけど

雲行き的には、ヤバくなってくる前に

立ち去ってた

 

そ〜いえば

それで、また、思い出しちゃった

 

高校中退して悪に顔が知れてきはじめたころ

1こか2こぐらい上の人ら

5人ぐらいにまわされたんやった

 

そこに連れてったヤツが最後

ごめんね

とかって言ってた

うんって言ったけど

家出中に名古屋で知り合ったヤクザさん達と

そいつらシメにいったんだったw

 

名古屋のテレビ塔や噴水あたりでシンナー吸ったり

ナンパされたり

 

そんなある寒い冬

名古屋のレディースに一緒にいたツレが絡まれた

蹴飛ばされたりするのを何もできずにみてた。

なぜ私には、何もやってこないのかは、わからなかったけど

ど〜も私が仲間に似てたらしく近寄ってきたみたいで

 

そうこうしてるうちに

レディースの頭が登場した。

 

ツレは

蹴られたり、叩かれたり

してるんだけど何もできない

レディースの頭が私の方見て

「こいつも仲間か」

あ〜私もいよいよやられるな〜って思ったら

大勢の中の1人が

「このこは、かお◯さんの友達なんで」

え?!

かお◯は噴水族だった、私の同級生だった。

前記事でもかいた、シンナーを初めてやった時のツレ。

なぜ知ってんだ?と思って聞いたら。

あのシンナーを吸った日

怖いお兄さんや仲間達とかお◯ちゃんとご飯食べに行ったんだった。シンナー吸った後だったからか

も〜ろ〜としててそこにいた人の顔なんて覚えてなかったけど

そこにいたらし〜

私のコトを覚えててくれたみたい

 

そして

私のツレは、噴水の中に入らされて

噴水一周回らされてた。

 

真冬にベタベタ

アッシーくんを呼んで地元に帰った。

 

 

寮での話

今では、怪奇現象を怖いものとは捉えてないんだけど、当時は異常に怖がりだった

そして

日々願いは叶い続けてる

現実は私の内の投影

のネガてぶ〜バージョンを見事に表現していたんじゃないのかな〜と

今は例え話にできるねw

 

そんなこんなの

初めてのアパート暮らしは

金縛りやオバケや不思議なコトの連続だった

 

幽体離脱〜〜〜(ドラえもんが道具を出す時のように言ってね♬)

をしてたみたい

じゃなかったら夢遊病w

抜け出した私を

隣の部屋のツレが頻繁にみかけてた

 

ツレの話

夜中

電気もつけずに(怖がりの私にはあるまじき行為)

トイレの方にいったのに

音もしないし全然戻ってこなかったから

寝ちゃったってw

 

あと

世が明けたばっかりの時にコタツに座ってたよ

(朝が超苦手な私にはあるまじき行為)

物思いにふけってるような顔して

何もしずにじーっと座ってたよ

何してるんだろ〜と思いつつ

寝ちゃったってw

 

寮の2人の部屋は、どんな感じかってゆうと

2つの部屋の襖を(仕切り戸)を隅っこに

全部やせて繋げた感じ

襖を寄せたところをつい立がわりに

むこうとこっちで布団を敷いてるから

寝てる時には、お互いは見えないってコト。

 

ま〜そんなこんなで

そのツレともシンナー吸ったり

夜はカラオケいったりお酒飲んだりしながら

 

不摂生な時を色々ありつつ過ごしてた。

 

そ〜だった

このツレとアパート暮らしする前に

プチ事件があったんだった。

 

 

 

 

 

 

中退直後

中退直後は、親の紹介で工場に働きに行った

つまらないから直ぐやめた。

 

名古屋には、昔

〝噴水族〟ってゆうのがあった

アベック殺人だったかな?

事件をおこしてそれは、無くなったんだけど

まだ、その事件がおこる前

中学校の同級生が名古屋に引っ越してから

そこに所属してたw

 

仕事も辞めてヒマしてたから

連絡して遊びに行くと彼女は

〝シンナー〟にハマってた

そこで初めてのシンナーを吸った。

 

地元に帰ると

類は友を呼ぶ連鎖で悪ダチが増えていった

 

名古屋にシンナー買いに行ったり

地元の悪男とつるむとパクリにいったりして

 

グダグダやってたら

ツレの親が心配して仕事の手配

16ちゃい2人で寮とゆう名のアパート暮らし

 

そこではしょっちゅう

不思議な体験したんだよね

 

つづく

 

 

退学

その後数人で

色々とやらかして

最後に大きなやらかしがきっかけで

高1の11月ごろ退学になった。

 

退学が嫌で大泣きした

 

じゃーやらかすなって話やけど

 

やらかした

 

未練タラタラで

スクーターで高校に入ろうとしたり

私服で入っていってムカつくやつしめたりして

 

そしたら

同級生の男子が付き合いたいって言ってるって

付きあってみたけど

何をする訳でもなく

なぜかその子の後輩にい

言い寄られて、付き合うコトに。

 と

ゆうものの中坊だったため

興奮すると痛いとの事で、、、

それが理由じゃ無いけどさよならしたwww

初恋

好きな子は保育園の頃からいたから

初恋じゃないかも

初めて付き合った人

 

隣のクラスの男子

ちなみにこの高校は

農業科・林業科・造園科・畜産科・生活科

があって生活科は、女子だけ

後は男子ばっかりのクラス

そこには、数人女子が混ざってるぐらいのもの

 

だからなのかな

気に入った男子と直ぐに付き合うコトになった

 

学校帰りに友達がセッティングしてくれた

喫茶店で2人きりになるものの

恥ずかしすぎて

一言も喋らずに終わった

 

名ばかりのカップルwww

 

 

 

高1

◯◯農林高等学校入学

この頃この高校は悪が多いと有名な学校だった

 

気づいたら

クラスで目立つグループの中心人物の1人になってた

授業中に弁当食べたりお菓子たべたりビール飲んだり

万引きが流行りだすものの

私は、やらなかった。

そ〜ゆ〜のは好きじゃない

通学を一緒にしてたTは、激しく万引きをしてた。

ある休みの日Tに遊ぼうって誘われた。

野生の感なのか、こいつは、今日つかまる

とゆう胸騒ぎ

カバンの中を空っぽにした

捕まった時のせめてもの抵抗w

カバンの中には

毎日使ってたクシだけもってでかけた。

 

そして

案の定Tは、捕まったw

そして、一緒にいたとゆうことで

私も事務所に一緒に行った。

ボロのクシも怪しいと言われたし

今からしようとしてたと言われた

結局親呼び出し

私達は2人とも謹慎処分

知っていて注意をしなかったから

と言ってたけど

するつもりだったと思ってたんだろ〜ねw

ま〜日頃の行いが悪いんだからしかたない

とは、ゆうもののこの時は

納得いかない思いも強かった感じ

 

謹慎処分をきっかけに

さらに悪のイメージがついて行く

一目置かれる感じと

さらに悪を寄せるコトになっていくのさwww

 

中2〜中3

中2は中学生生活の中では一番楽しかった

楽しいというコトは、調子にものるわけだから

親呼び出し事件とかもありつつ

大人数だったから

まだ、良かったなんて思ってたかもしれないな〜

 

担任の男の先生は

私達数人の目立つグループを目にかけてくれた

休みの日に岐阜の金華山のロープウェイにいったり

先生のアパートへ行ったり。

 

そのギャップからかな〜

中3は地獄級に嫌だった。

 

高校をどこにするかって話には

できれば参加したくなかった

当時この辺で

公立高校のなかではレベルが一番下のところへ

行くと決めてた。

これも本当は、自分で決めたというよりは

姉の行ってる学校だったから

話しを聞いてるうちに流されたんだ。

 

仲の良かった友達に

どこの高校行く?って聞かれても

恥ずかしくて言えずに誤魔化してた。

きっと私が勝手にその高校を見下してたんだね

それと

どうせ、笑うんでしょって決めつけてたんだね

 

ここでひとつ

どうせ◯◯なんでしょ!

の◯◯に入れた言葉は現実化しやすいよ

暗示をかけてるのは自分自身

〝どうせ〟っていいたいなら

『どうせ私は愛されてる!』に変えちゃいな

本当に

その呪文は効き目がすごいから

愛されるよ♬

私なんてどうせ可愛い〜

どうせ人気者〜って

鏡をみながら言うとさらに効果アップ

朝一歯磨き終わったらしてみてね。

早ければその日に、おそくても数日後(私の実験では3日以内)には、わかるわよ〜♬♪