ヘスティアの姿

〝自叙伝〟ヘスティアの姿

高1

◯◯農林高等学校入学

この頃この高校は悪が多いと有名な学校だった

 

気づいたら

クラスで目立つグループの中心人物の1人になってた

授業中に弁当食べたりお菓子たべたりビール飲んだり

万引きが流行りだすものの

私は、やらなかった。

そ〜ゆ〜のは好きじゃない

通学を一緒にしてたTは、激しく万引きをしてた。

ある休みの日Tに遊ぼうって誘われた。

野生の感なのか、こいつは、今日つかまる

とゆう胸騒ぎ

カバンの中を空っぽにした

捕まった時のせめてもの抵抗w

カバンの中には

毎日使ってたクシだけもってでかけた。

 

そして

案の定Tは、捕まったw

そして、一緒にいたとゆうことで

私も事務所に一緒に行った。

ボロのクシも怪しいと言われたし

今からしようとしてたと言われた

結局親呼び出し

私達は2人とも謹慎処分

知っていて注意をしなかったから

と言ってたけど

するつもりだったと思ってたんだろ〜ねw

ま〜日頃の行いが悪いんだからしかたない

とは、ゆうもののこの時は

納得いかない思いも強かった感じ

 

謹慎処分をきっかけに

さらに悪のイメージがついて行く

一目置かれる感じと

さらに悪を寄せるコトになっていくのさwww